不動産物件は任意売却することも可能|プロに依頼

夫婦

住みやすさ重視の家探し

積み木

名東区には落ち着いた雰囲気の住宅街などが点在しており、市内でも特に住み心地に優れる地域です。比較的お手頃な不動産が多く、転勤などでこのエリアに移住する方も多く見られます。住みやすい環境を重視する方に、最適な条件がそろっています。

More...

人気観光地で

模型

熊野町の特徴である山林をイメージした、個性豊かな優しい木造りのマイホーム建築が人気になっています。注文住宅は幾分、建築費用が高くなりますが、熊野町は不動産価格が全国的に見ても抑えられた価格設定のため、建築に拘りを入れる方が増加傾向です。

More...

幅広く探してみよう

女性

浦和といっても、地域によって価格の差があります。駅近くは高く、少し離れるとリーズナブルです。そこで、不動産を探すのなら、車を所有という条件で駅から離れた地域で探しが方が格安で手に入れることができます。

More...

売却する上でのポイント

女の人

抵当権や売却価格

不動産を購入する人の多くが、住宅ローンを利用していますが、現在では不況から、その返済に苦しむ人が増加しています。返済が滞ると、遅延損害金が発生することから、債務はますます増えていきます。しかし任意売却をすれば、不動産を失うことになりますが、その分債務も少なくなります。売却価格によっては、住宅ローンの完済も可能となっているので、滞納となった場合に任意売却を選択する人は多くいます。ところが住宅ローンを利用して購入した不動産は、債権者の許可なく売ることができません。これは債権者が抵当権を有しているからですが、逆に言えば任意売却は、抵当権が抹消されれば実行可能になるということです。そのため任意売却では、最初に債権者に抵当権を手放してもらうことがポイントとなっています。債権者と交渉することになるのですが、これは多くの場合、任意売却の仲介業者に任されています。個人での交渉と比較すると、成功率が高い上に、進行がスピーディとなっているからです。また任意売却では、不動産をより高く売却することも、大事なポイントとされています。売却価格が高いほど、住宅ローンを多く返済できるからですが、仲介業者にはその調整も任せることが可能となっています。仲介業者は、不動産の状態と地域での相場を十分に考慮しつつ、債務者にとって条件の良い売却価格を設定するのです。債権者は、貸したお金の回収を希望しているので、仲介業者によるこういったサポートは、債権者にとってもメリットがあると言えます。